2013年11月14日

“タイ”にてHIV関連国際会議 ICAAP11に参加します

18日から22日まで

The International Congress on AIDS in Asia and the Pacific#11 (ICAAP11)

スクリーンショット 2013-11-14 15.04.33.png

という国際会議に誘われたのでちょっと参加してきます。


スクリーンショット 2013-11-14 15.36.00.png


ICAAPは20年以上国際的に展開しているHIVに関る会議です。
開催国においてプラスの影響をあたえることも目的の一つになっています。

時々、日本人の買春ツアーがメディアなどでも問題視されていますが、
東南アジアの抱えている課題は日本人に限定されたものではありません。
実質、旧西川口の世界版状態だといえるので、東南アジアの1国で、
HIVの感染拡大予防や課題啓発の取組を行うことは大変意義があることだと思います。

コミュニティフォーラムではSEX WORKERについての会が開催されます。
内容などの参加レポートは後ほど。






タグ:HIV ICAAP11
posted by GAP at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPOとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

社会事業家に求められる「3つのちから」

作成している資料が多く煮詰まる瞬間があった時には、過去の資料などをみかえしてみると、
意外な気付きとか、忘れかけていたこと思い出したり、ついでに本棚の整理になるのでお勧めです。

dolreview01.jpg

昨年、腫瘍を取る手術の為最後までは参加できなかったのですが、
イノベーションブートキャンプの資料から、社会的事業を志す人ならば殆どの人がご存知の
川北秀人さんから頂いた資料が出て来ました。

このなかに、川北さんが提言されている
社会事業家に求められる「3つのちから
が載っていましたので、非常に重要な概念ですからシェアしたいと思います。


1)事業を計画するのではなく、社会を変える計画をつくる

社会を変えることにおいて事業は手段です。それ以上でも以下でもありません。
何らかの社会課題解決や、社会をより良くする概念等をデザインすることが
社会事業家のミッションであり、その手段としての事業です。

自己解釈なのですが概念としては、
今手元で何を作っているのかではなく、頭と視点がどの未来を向いているのか?常に意識する感覚。


2)先輩と歴史から徹底的に学ぶ

今目の前にある課題の歴史、なぜ課題が生まれたのか?
過去行われた取り組み、先輩はどう打開したか?どう玉砕したか?
過去の事例を徹底的に知ることが重要です。

やはり基本のようですが、知るということ学ぶということを怠ってはいけません。


3)ニーズを知り抜いて代弁者となる


残念ながら多くの「自称:社会起業家(をめざす若者)」に共通するのは、
感じただけで、調べもせず、気付きもなく、確かめ・試しもせずに、
自分の感情や欲求を「思い」と称して語っていることだ。しかしそれは、思い込みに過ぎない。


現場を知ること。代弁者たること=ニーズに答えること。
です。自分のウォンツのために動くのではなく、ニーズであること。

以上の言葉を胸に刻んで、エゴで動いていないか?
今この瞬間サービスを届けたい相手がどこで何しているかイメージできているか?

常にこうした自問自答を忘れないように、締め直し。




posted by GAP at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPOとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

LGBTの子ども、若者が抱える課題

先日荻上チキさんが定期的に開催している
若者勉強会に参加して来ました。

前々回はスピーカーとしてでしたが、今回はあくまで参加者として。
いのちリスペクト。ホワイトリボンキャンペーン
遠藤まめたさんをゲストに迎えた今回のテーマは、

【LGBTの子ども、若者】

写真 (1).JPG

奇しくも翌日28日は
東京レインボープライド2013の開催日であり、非常にタイムリーな展開。
(ちなみにチキさんは朝ナマ後にも関わらずめっちゃ爽やかでしたw)


lgbt.jpg


まめたさんのお話は、
具体的にこんなことに困っている、今までこんな問題が発生してきた。
等、現場、当事者の視点がよーく分かるお話でとても引きこまれました。

このブログで「LGBTのLは〜」みたいな説明を記載することは避けますが、
まめたさんのお話の中で出てきた、データの部分だけ抜粋してまとめてみます。




❙調査1

ゲイ及びバイセクシャル男性の
65%は自殺を考えたことがあり、
14%が実際に自殺未遂の経験がある

50%が「ホモ」「おかま」といったいじめ被害を経験しており、
同性愛について学校で適切な情報適用がされた例は少ない

(日高康晴氏らによる調査結果)

❙調査2

思春期におけるライフイベント平均年齢

13.1歳 (ゲイであることをなんとなく自覚)
15.4歳 (自殺を初めて考えた)
17.0歳 (ゲイであることをはっきりと自覚)
17.7歳 (自殺未遂、初回)

20.0歳 (ゲイ男性に初めて出会う)
21.6歳 (ゲイの友達が初めて出来る)





こうしたデータから見えてくることは、
ゲイであることの自覚から当事者としてわかりあえる人に出会うまで
およそ8年ほどの期間を要してしまうこと。

まめたさん曰く、その間に話や打ち明けられるあいてが極端に少ない
当事者は出会い系などでとんでもな輩と出会ってしまったりしている現状があるそうです。

小学校自覚してから思春期中期までもやもやを1人で抱えたまま生きていくという
生きづらさが確実に存在しているということ。


ちなみに、LGBTの人は人口のおよそ3〜5%程度存在しているそうで、
これは、40人クラスに1人は存在していることになります。


話を聞いていて、

・安心して相談できる相手が不足していること。
・からかいの対象になってしまうこと
・電話相談などの窓口はあるも若年層の利用者が少ないこと


などは、夜の世界の問題とも非常にリンクしているな。と感じました。

また、チキさんから出ていた質問で、
LGBTと貧困との関係についてもかなり気になる感じです。

また、まめたさんは特に若者の自殺対策としての側面に
issueのプライオリティを置いているそうです。


デザインの力で解決出来る側面もちらちら見え隠れ。
とっても学びになった時間でした。


タグ:問題点 ルポ
posted by GAP at 09:58 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | NPOとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。